「ましこ市」2014年度の開催につきまして

ましこ市実行委員会より、ましこ市出展者、ならびに関係者の方へ

 

以前もお伝えしましたが、本年は秋に開催していましたましこ市は開催せず、来年2月に益子参考館の登り窯を40年ぶりに焚くプロジェクトを実施いたします。

登り窯復活プロジェクト実行委員会より、来週28日に益子の作家を対象に事前説明会を行います。ご興味のある益子の作家さんはぜひご参画ください。

以下、実行委員会より詳細になります。


濱田庄司登り窯復活プロジェクト委員会主催
濱田庄司の登り窯・窯焚きプロジェクト事前説明会のご案内

< ごあいさつ >

先の震災の被害から多くの支援により立ち直ることができた濱田庄司記念益子参考館。支援の多くは陶芸を愛する方々、益子参考館を心配する方々からのものでした。
完全に復元した濱田庄司の登り窯に、益子を中心とした陶芸家たちの手によって火を入れることで、内外にむけて応援への感謝の気持ちを示したい、という思いでこのプロジェクトは結成されました。 
計画から2年を経てついに今年度文化庁の助成を受けて今年4月に始動しました。
登り窯の焼成を初めて経験される方から経験豊富なベテランまで、様々な個性、作風の陶芸家が一つの窯で一つの目的を共有して焚き挙げていくというまたとないプロジェクトに対して、
理解を深め多くのご参加、ご協力を頂きたく、この度事前説明会を開きます。それぞれお忙しい中ではありますがどうか奮ってご参加ください。
 
事前説明会開催日:7月28日(月)17時~18時終了予定
場所:濱田庄司記念益子参考館 4号館(上ん台)

※今回の説明会は、参加を問うものではなく、参加者概要を固めるための事前説明・相談会となります。
※お車の方は益子参考館無料駐車場をご利用ください。
 駐車場は30台収容です。なるべく乗り合わせのご協力をお願いいたします。

 

< プロジェクト概要 >  

このプロジェクトは益子焼を日本を代表する国際的な窯業地へと発展させた陶芸家・濱田庄司が使用していた登り窯を約40年ぶりに使用するという物語プロジェクトです。

「庄司の登り窯を焚くという同じ目的を共有することで集まった陶芸家の手により約40年ぶりに登り窯に火が入ります。
そして、その窯焚きを通して生まれる新たな交流が益子のさらなる発展の足がかりになっていきます。
また、そこで交わされる会話の中で昔の益子や現在の益子の話題が顔を出し、そこに集った老若男女があらためて益子焼についても思いを巡らせ、この窯焚きが仕事においても一つの小さな分岐点になっていきます」

大げさではありますが、この窯焚きが単なるイベントではなく、地域に、人に、益子の文化に、そしてこの益子参考館にと、様々な波及効果を期待して、沢山の方々に関わっていただけるものになることを強く願い事業として育てていければと考えます。 

●開催期間 : 平成27年1月24日(土)~2月22日(日)

●事業案 

シーン1 「 窯詰め 」  1/31~2/6  付随イベント.窯焚き勉強会     

シーン2 「 窯焚き 」  2/7~2/11  付随イベント.参加者交流会

シーン3 「 窯出し 」  2/14~2/15 付随イベント.窯への感謝を込めたクリーニング.シンポジウム

シーン4 「 窯開き 」  2/21~2/22 付随イベント.作品発表会・ましこマルシェ 

 
主催:濱田庄司登り窯復活プロジェクト委員会

中核美術館:濱田庄司記念益子参考館(助成:文化庁地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業)

後援予定:益子町、益子町観光協会、益子町商工会、益子焼販売協同組合、下野新聞社 他

お問合せ:
濱田庄司記念益子参考館 担当・濱田、岩見 0285-72-5300 (月曜休館、9:30~17:00)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ましこ市出展者、ならびにお客様へ


本年度のましこ市開催に関する発表です。

 

 

昨年まで10月初旬ごろに開催してきました、ましこ市ですが本年度は昨年までのような形での開催はお休みいたします。


本年度は、ましこ市の会場にもなっています益子参考館の登り窯を復活させるプロジェクトを行うことになりました。

 

つきまして、本年度はこの登り窯の窯焚きを行うこと自体をメインイベントとし、窯焚き中にセミナー・シンポジウムやマルシェなどの開催も検討して、ましこ市との連動企画のような形にして進めていこうと思います。

 

今年は濱田庄司の生誕120年にもあたることから、震災後再建された登り窯の復活プロジェクトを行うことになりました。またこの登り窯自体も30年以上ぶりの窯焚きとなります。

 

詳細は決まり次第随時お伝えしていきますが、メインとなる窯焚きは年明け2月を予定しています。


ましこ市出展作家さんをはじめとして、より多くのみなさまにご参加・ご協力いただければと思いますので何卒よろしくお願いいたします。

 

ましこ市実行委員長  神田智規

参考館の登り窯
参考館の登り窯

                ~ 益子の素敵をつなげよう ~

御礼にかえて

 

 ましこ市も3回目を終えました。今年は天候はいまひとつだったにも関わらず、昨年よりも来場者も

増え、リピーターの方も多く、少しずつですが認知されてきたのかなと感じました。

 

 ましこ市は、益子のPRはもちろんですが、もうひとつの大きな開催目的は益子内における「つな

がり作ること」でもあります。ましこ市は開催日の2日間だけのためにやっているわけではなくここ

次に繋げていくことが何より大事だと考えています。

 

 今年の3月にはましこ市の会場でもある益子参考館の再建記念祭の開催協力、6月には益子町タウ

プロモーション係が主催した渋谷ヒカリエでの益子の食卓市開催協力、8月の益子夜市開催、12月

予定しているポターリングましこの開催、または来年正式開始予定のましこサポーターズクラブの

など、ましこ市でできた繋がりが形になってきているからこそできたことだと思っています。

 今年1年を振り返ってみると、ましこ市をきっかけにした様々な取り組みが、少しずつ芽を出しはじ

めているのかなと思いました。

 

 ましこ市を3年開催してきて、その成果を上げるとすれば、ましこ市そのものではなく、ましこ市を

きっかけに様々な取り組みに繋がってきているということかなと思っています。今後もましこ市は

しこ市のためだけではなく、益子の日常がよりよいものになるような「きっかけとつながり作りの場

」になるよう、取り組んでいきたいと思います。

 

ましこ市2013実行委員長 神田 智規

ましこ市2013リポート
ましこ市2013リポート.pdf
PDFファイル 603.3 KB

「ましこ市2013 ~made in mashiko fes~」

   

 日 時 2013年10月5日(土)6日(日)10:00~16:00 2日間開催

 

 場 所 濱田庄司記念益子参考館周辺

       (参考館駐車場・参考館前公園・参考館横空地など)

 

 

ましこ市HP       http://mashiko-ichi.jimdo.com

ましこ市フェイスブック  https://www.facebook.com/mashikoichi

・ 益子とその周辺でものづくりをしている作家によるクラフトフェア

      ー 陶器・木工・フェルト・布など、益子の作家が約60名出展 ー

   

・ 益子の飲食店・カフェ、パン屋、農家などが集まるマルシェ

       ー コーヒー・パン・焼き菓子・果樹農家・野菜など約30軒出店 ー

 

・ 益子のカップで楽しむましこ市期間限定カフェ開設 -Seta-Mag-Cafe-

 

・ 益子が体感できる多彩なステージプログラム 

      ― 益子の作家による陶芸実演 ー

      ― 栃木のミュージシャンによるミニコンサート ー

      ― 益子・天人疾風の会 和太鼓演奏 ー

  

・ 益子のモノづくりが体験できるワークショップ

       ― 陶芸・木工・染色にまつわる、ましこの作家によるモノづくり体験 ー

 

・ 濱田庄司記念益子参考館内プログラム

       ― 着物体験・ましこ語り部の会口演・参考館館長ガイドツアー ー

 

・ ましこ市夜の部「益子交流会」5(土)16:30~

       ― 濱田晋作益子参考館名誉館長による陶芸実演&座談会 ―

       ― ましこサポーターズクラブ設立式 ― 

          山本太々神楽・益子出身演奏家による演奏会・益子の食パーティー

 

ましこ市2013パンフレット表
ましこ市2013パンフレット表
ましこ市2013パンフレット裏
ましこ市2013パンフレット裏

ましこ市2013ポスター
ましこ市2013ポスター
ましこ市2013ポストカード
ましこ市2013ポストカード

主 催 ましこ市2013実行委員会

 

お問い合わせ ましこ市2013実行委員会事務局(0285-72-7201・益古時計)